染料

染料染料は、小さな粒子でほとんどの染料が水に溶けやすく、さまざまな繊維と結びつきやすい性質を持ちます。
衣服からファブリックまでほとんどの繊維の着色に使用されています。

思い通りの色を創る

染料で着色することを「染色」と言います。

染色の際、指定の色を再現するためには「染色データ」と呼ばれるものが必要になります。 この染色データとは、「AとBの薬剤を●●の分量入れる」という指示です。

「この色が欲しい!」という場合、染色データに含まれる「数字」「単位」「計算」についての理解が必要になります。 当社では、お客様のご要望をうかがったうえで、『欲しい色』を創るため、「調合」し「検査」し生成します。 生地にあった色の調合、お客様の要望される色の再現、それを間違いなく遂行することが当社の使命であり、長年培ったノウハウなのです。

染料の種類